美容家による、美しくなりたい女性のための美容情報をシェア

BEAUTY-LABO

スキンケア

シミ・ソバカス予防の決め手は紫外線対策

投稿日:

シミの正体はメラニン色素。美白剤を使って色を薄くする

シミ

シミは皮膚の一部にメラニン色素が異常に増えた状態。このメラニン色素を増やす最大の原因が紫外線です。

シミを防ぐには、UVケアをしっかりすることが欠かせません。女性の場合、とくに排卵から次の生理が始まるまでのあいだ(黄体期)はシミができやすいので、ふだん以上の注意が必要です。

シミに対するセルフケアとしては、美白化粧品が中心になります。美白成分として頼りになるのはハイドロキノンアルブチンビタミンC誘導体といった美白成分です。ただし、美白化粧品の主な作用はメラニン色素の産生を抑えることですから、紫外線を浴びてメラニン色素がつくられ始めるときに使うのが最も効果的です。

できてしまったシミにはピーリングも行われますが、角質をはぐことでシミを薄くしようとするので、肌の丈夫な人でないとトラブルが心配です。ピーリング後の肌は紫外線に弱くなるので、かえってシミになる人も。

クリニックの治療ではフォトフェイシャルが注目株

化粧品では消えないシミは、やはりプロのケアに頼ることになります。皮膚科での治療は塗り薬が基本です。最近では皮膚の生まれ変わりを早めるレチノイン酸や強力な漂白剤であるハイドロキノンなども使われています。病気の範疇に入るようなアザならレーザー治療を行うこともありますが、美容目的には安全性の高いフォトフェイシャルやデルマトロンがよい結果を出しています。

ソバカスの原因は生まれつきでも紫外線に当たると濃くなる

紫外線

ソバカスも正体もシミと同じメラニン色素です。ただ、ソバカスには生まれつきの要因が大きく、優性遺伝とされています。ただし、生まれつきの要因はあっても、ソバカスを目立つように濃くしてしまう犯人は紫外線です。

強い日ざしに当たったせいでソバカスができたと思っている人も多いのですが、じつはそれまで目立たなかったソバカスが濃くなったということなのです。紫外線を避けて、ソバカスを濃くしないことが大切です。

化粧品によるケアでいくぶん効果が期待できるのは、美白剤でしょう。もちろん、いくら効果があるといわれる美白剤を使っても、まず、紫外線防止対策をきちんととるのが条件です。

ソバカスのできやすい人は、ふだんの生活でも、サンスクリーン剤やUVカット成分の入ったファンデーションなどでしっかりガードしましょう。日ざしの強いときには帽子などでの日除けも忘れずに。

目立つソバカスに悩んでいるならクリニックでの治療も

ソバカスの遺伝子はなくせなくても、皮膚科で治療すれば目立たなくすることはできます。悩んでいるなら、治療を考えてみるといいでしょう。

ここでもフォトフェイシャルが有効です。また、メディカル・エステで行う、フォトフェイシャルによるビタミンC誘導体の導入は、皮膚科の治療に併用すると効果がアッスプします。

関連記事:https://www.docshop.com/education/dermatology/facial/photofacial

-スキンケア
-, , , , ,

Copyright© BEAUTY-LABO , 2019 All Rights Reserved.